ほくろが気になっているなら形成外科などへGO|レーザーによる切除

気になる悩みを無くそう

顔に触れる女性

手軽にできる治療

顔などにあって気になっているほくろを無くしたいという方、多いのではないでしょうか。クリニックで治療するなら、悪性でないかを検査してもらったり、どういった治療をするかなどを相談したりすることから始めます。治療には、いくつかの方法があり、電気メスを使う方法やレーザーを使う方法など、クリニックによっても違います。電気メスで切り取ってしまう方法は、直径が1cm以上と大きなものなどの治療で行われます。切除した後に縫合し、数日で抜糸します。痕はほとんど分からなくなり、再発の可能性も低いです。また、くり抜いて切除するやり方もあります。炭酸ガスレーザーで焼き飛ばしてしまう方法もあります。これは、膨らみのあるほくろを平らにすることもできますが、細胞が深いところにまである場合は再発することもあります。Qスイッチレーザーは平らなほくろなどに使用され、茶色や黒い細胞のみを焼いてくれるレーザー治療です。ほくろの色は薄くなりますが、残る場合もあります。そのため、通院することもあります。切除したいほくろの状態に合わせて、どの治療法になるか変わってきます。比較的レーザー治療の方が費用は安いですが、電気メスでも施術時間が数分から数十分と短いため、手軽に行える治療です。施術時間が短めであることや、費用が高くないことから、ほくろの治療は手軽に行うことができます。施術後、半年などの短い期間に再発したりした場合は、更に安く2回目の治療をしてくれるクリニックも多く、アフターケアの心配も少ないという特徴もあります。そのため、安心して治療できるところも人気の理由です。ほくろの手術は個数や大きさ、どのような治療法にするかによって、料金が変わりますが、保険が適用できるものもあります。また、クリニックのホームページなどでほくろの治療にいくらかかるのか、細かく知ることができます。顔など人に見られるところの治療をすることも多く、施術の痕が気になる方も多いでしょう。しかし、ほくろの治療では痕が残りにくく、ほとんど分からなくなる場合も多いので、安心して施術することができます。切除する際は局所麻酔をしてからになるので、痛みも少なく、身体への負担も軽く済みます。美容外科や皮膚科で治療できるので、費用や行きやすさなどを比較して、自分に合ったクリニックや治療法を選びやすいのも大きな特徴です。術後も安心で、費用も安く、時間も取られないのに、気になる悩みを無くしてくれる。そういった治療ができるので、ほくろの治療は人気があるのです。

Copyright© 2018 ほくろが気になっているなら形成外科などへGO|レーザーによる切除 All Rights Reserved.